診療科 骨粗しょう症 治療方法

丈夫な骨を作るハイパーUMO

診療科で決まる?骨粗しょう症の治療方法

診療科,骨粗しょう症,治療方法

骨粗しょう症であることがわかるのはいったいどういうときでしょう。
たいていの場合、検診での骨密度検査や他の病気での受診のときのようです。
なるべくなら早めにチェックしておきたいですね。

 

ところで、骨密度の検査っていったい何科を受診したらいいのでしょう。
骨粗しょう症は「内科」「婦人科」「整形外科」での診療が一般的ですよ。
検査内容はどの診療科を受診しても、骨粗しょう症を判断するための適切な検査が行われます。

 

まずは自分の状態を確認したい、というのであればどの診療科でも大丈夫そうですね。
かかりつけの医療機関があるなら、そこで一度相談されてみてはいかがでしょうか。

 

診療科でまったく同じ内容か、というと少し違う点もあるようです。
骨粗しょう症の治療に対するアプローチの仕方に多少の違いがあるようですよ。

 

内科の場合ですと「食事療法」「運動療法」を取り入れるとともに、薬を使って骨粗しょう症の状態を改善していく方法が積極的に行われるそうです。
骨粗しょう症で痛みが出ているような場合は、鎮痛剤が用いられますよ。

 

また、婦人科の場合では、骨粗しょう症の治療だけでなく更年期症にも注意した治療が行われるそうです。
ホルモンバランスを整える働きのある薬を服用したり、その方の状態によっては定期的に注射をしたりすることがあるそうですよ。

 

そして整形外科は骨の専門医ともいえますね。
カルシウムの摂取についての生活指導やリハビリを取り入れながら、薬物治療を行っていきます。
骨粗しょう症の影響で既に痛みが出てきている場合や、日常の動作に問題があるような場合は、整形外科での診療がいいようです。

 

 



骨サプリメント 骨粗しょう症の基礎 骨粗しょう症の治療 対策〜環境を改善 対策〜食生活改善