骨粗しょう症 高齢者 生活環境

丈夫な骨を作るハイパーUMO

ココに注意!骨粗しょう症の高齢者をとりまく生活環境

骨粗しょう症,高齢者,生活環境

骨粗しょう症といえば、骨を丈夫にする努力をしたり、治療をしたりすることが大切ですね。
しかし、高齢者の方で骨粗しょう症を抱えていらっしゃる場合は、まず、安全な生活環境を整えることが大切ですよ。

 

みなさんもご存じのように、骨粗しょう症によって骨はとても弱くなってしまいます。
ですから、ちょっとした衝撃や転倒で骨折をしてしまう可能性がありますね。
さらに、骨折した箇所が完全に治るまでに、とても長い日数がかかってしまいますよね。

 

高齢者の場合、加齢により運動機能も低下しています。
そのため、骨折によって日常生活に制限ができてしまうということは、とても大変なことなんです。

 

場合によっては、寝たきり生活になってしまうこともあるんですよ。
ですから、安心して生活を送れるように、安全な生活環境を整える必要がありますね。
生活環境を整えるポイントは、転倒を防ぐことにあります。
具体的な方法をいくつかあげてみましょう。

 

  • 玄関や階段などには手すりを設置する
  • 頻繁に歩くような場所には物を置かない
  • 暗い時にも足元がよく見えるように照明を設置する
  • 滑りやすい浴室には滑らないマットやスノコを敷く

 

このように、骨粗しょう症で弱ってしまった骨を守るためには、滑ったりつまずいたりしないような工夫が大切ですね。

 

意外に見落としがちなのが、ラグやカーペットですよ。
高齢者の場合、ラグやカーペットの端っこに足を引っ掛け、転倒してしまう可能性があります。
畳やフローリングの上に敷いてあるものは撤去する方がいいでしょうね。

 

使用頻度の高い座布団や新聞紙、電化製品のコードにも注意が必要ですよ。
整理整頓を心がけることも転倒防止につながります。
毎日使うようなものは場所を決めて一つにまとめておくといいでしょう。

 



骨サプリメント 骨粗しょう症の基礎 骨粗しょう症の治療 対策〜環境を改善 対策〜食生活改善