リン マグネシウム 骨粗しょう症 対策 栄養素

丈夫な骨を作るハイパーUMO

「リン」と「マグネシウム」も忘れないで!骨粗しょう症対策の栄養素

リン,マグネシウム,骨粗しょう症,対策,栄養素

骨粗しょう症に大切な栄養素といえば、なんといってもカルシウムですよね。
でも、他にもあるんですよ。
何だと思いますか?

 

それは、「リン」と「マグネシウム」です。
この二つの栄養素は、私達の体にある骨や歯を作るために大きな役割と果たしています。
骨の健康を守るためには欠かせないってくらい大事なんです。

 

リン

リンは、リン酸カルシウムやリン酸マグネシウムという物質によって形成されている栄養素です。
リンは丈夫な骨や歯を作ってくれます。
通常の食生活の中で必要量を摂取できる栄養素ですから、積極的に摂ろうとしなくても大丈夫です。

 

でも、注意したいのは、不足することよりも過剰に摂取してしまうことです。
必要以上にリンを摂取すると、カルシウムを吸収する働きの邪魔をしてしまうんですって。
リンは肉類や加工食品に多く含まれています。
骨粗しょう症の予防を意識した生活をしている方は、これらの食品の摂取に注意した方がいいですね。

 

 

マグネシウム

マグネシウムは、その成分の半数以上が骨の成分になるといわれている栄養素です。
このことから、カルシウム同様に骨粗しょう症には欠かせない栄養素であることがわかりますね。

 

さらに、マグネシウムはカルシウムの吸収を助ける働きを活性化させる働きがあります。
必要量を毎日摂取することが望ましいそうですよ。
マグネシウムを多く含む食品としては、ゴマや海産物が有名ですね。
いつもの味付けにゴマを加えてみたり、ゴマを使ったドレッシングで魚を食べたりするなど、工夫して上手に取り入れましょう。

 



骨サプリメント 骨粗しょう症の基礎 骨粗しょう症の治療 対策〜環境を改善 対策〜食生活改善