骨粗しょう症 予防 食生活

丈夫な骨を作るハイパーUMO

骨粗しょう症をどうやって予防する?〜食生活編〜

骨粗しょう症,予防,食生活

骨粗しょう症の予防で肝心なのは食生活です。
実際に骨粗しょう症の治療では、カルシウムの吸収をたすけるような治療が行われているんですよ。
骨粗しょう症を予防するには、骨を丈夫にするいくつかの栄養素を積極的に摂ることが大切なんですね。
そこで気になるのがその食生活です。

 

一人暮らしの方や外食が多い方などは偏りがちな食生活になりがちですよね。
これをきっかけに普段の食生活の内容を見直してみてはいかがでしょうか。
骨粗しょう症の予防につながる食生活をいくつかご紹介します。
参考にしてみて下さいね。

 

カルシウムを積極的に摂取する

ご存知のとおり骨粗しょう症を予防するためにはカルシウムの摂取が欠かせません。
大人の場合、一日に必要とされるカルシウムは600〜700mgです。
これは200ccの牛乳3本程度といわれています。
骨粗しょう症の予防を目的にする場合は、800〜1000mg摂るのが理想的なんですよ。

 

たんぱく質を摂取する

たんぱく質は適度な摂取が大切ですよ。
なんと、たんぱく質を過剰に摂取すると、カルシウムの吸収を邪魔してしまいます
気をつけたいですね。
肉類にはたんぱく質が多く含まれていますので、日頃から肉料理に偏りがちな方はご注意ください。

 

ビタミンDの摂取する

ビタミンDにはカルシウムを骨に沈着させる働きがありますよ。
骨粗しょう症予防には欠かせない栄養素です。
ビタミンというと野菜に多く含まれていると思われがちです。
でも実は野菜にビタミンDはあまり含まれていません。
ビタミンDの摂取には、魚やキノコ類がオススメです。

 

 



骨サプリメント 骨粗しょう症の基礎 骨粗しょう症の治療 対策〜環境を改善 対策〜食生活改善