骨粗しょう症 診断

丈夫な骨を作るハイパーUMO

骨粗しょう症ってどうやって診断されるの?

骨粗しょう症,診断

骨粗しょう症であるかどうかは、さまざまな検査によって診断されます。
ここでは、骨粗しょう症を診断する上での2つのポイントをご紹介しますね。

 

骨密度

骨粗しょう症では、骨密度による診断がよく知られていますよね。
骨密度の基準となる値は、一般的な成人の骨密度の平均値です。
基準値の80%以上の数値であれば骨密度が正常であると判断されます。
一方、基準値の70%以下の数値になると、骨粗しょう症と診断されるのです。

 

その中間の数値、基準値の70〜80%程度だと「骨密度の減少がみられる」と判断されます。
この場合、骨粗しょう症に注意が必要な状態とみなされ、早期治療が必要と診断されるのです。
このように、骨密度によって早期治療が必要になるケースがあるんですね。

 

 

脆弱性骨折

骨粗しょう症はみなさんもご存知のように、骨が弱くなってしまう病気ですね。
そのため、通常の骨なら骨折しないような衝撃でも骨折してしまう可能性があります。
自分で気づかないうちに骨折していることもあるのです。
骨粗しょう症で骨がもろくなって骨折することを「脆弱性骨折」といいます。

 

自覚症状がないので、レントゲン検査などで、はじめて骨折がわかることもあるんですよ。
レントゲン検査で脆弱性骨折が発見されると、骨粗しょう症であると診断されます。
脆弱性骨折は、骨密度が基準値の70%以下の方ばかりではありませんよ。
要注意と言われるレベルの数値の方でも脆弱性骨折がみつかることもあるんです。
そのため、脆弱性骨折の検査は骨粗しょう症の診断ではとても大切な検査なんですね。

 



骨サプリメント 骨粗しょう症の基礎 骨粗しょう症の治療 対策〜環境を改善 対策〜食生活改善