骨粗しょう症 種類 原発性骨粗しょう症

丈夫な骨を作るハイパーUMO

「原発性骨粗しょう症」ってなに?

骨粗しょう症,種類,原発性骨粗しょう症

骨粗しょう症は大きく分けて二つの種類があります。
そのうちの一つ、「原発性骨粗しょう症」とはどのようなものなのでしょうか?

 

原発性骨粗しょう症とは、簡単にいうと原因が明確でない症状を指します。
明確でないとはいっても、自然な現象や生活習慣などが引き金となっていることは分かっています。

 

つまり、老化現象や加齢によって発症するタイプがこれにあたるわけですね。
では、原発性骨粗しょう症の代表的なものをご紹介しましょう。

 

老人性骨粗しょう症

老化によって骨の密度が低下してしまうタイプですね。
高齢者に見られる骨粗しょう症のことを老人性骨粗しょう症と呼びます。
骨粗しょう症は女性の患者数が多いといわれていますね。
でも、老化による骨密度の低下は男性にも起こりうることです。
老人性骨粗しょう症は女性だけでなく男性も起こる可能性があるってことを覚えておきましょう。

 

閉経後骨粗しょう症

50代〜70代位の閉経を迎えた女性が発症します。
原因はホルモンバランスの変化や加齢によって骨密度が低下することです。
これを閉経後骨粗しょう症と呼びます。

 

この症状は女性特有のものですね。
他にも、妊娠がきっかけとなって骨粗しょう症を発症するケースもあるんですよ。

 

妊娠中、お母さんの体の栄養分はお腹の赤ちゃんに届けられますよね。
そうやってお腹の赤ちゃんは成長していきます。
お母さんのカルシウムもお腹の赤ちゃんに移行します。
骨の成長に必要だからです。
このとき、お母さん自身がカルシウム不足になると骨粗しょう症になってしまいますよ。
気をつけたいですね。

 

 

 



骨サプリメント 骨粗しょう症の基礎 骨粗しょう症の治療 対策〜環境を改善 対策〜食生活改善