骨粗しょう症 傾向

丈夫な骨を作るハイパーUMO

骨粗しょう症の五つの傾向とは?

骨粗しょう症,傾向

骨粗しょう症は高齢者や女性に多い病気の一つとして知られていますよね。
でも、該当する人すべてが骨粗しょう症を発症するわけではありません。

 

人の体はそれぞれ特有な性質の体をしていますよね。
ですから、同じように年を重ねてきたとしても、人によっては骨粗しょう症を発症しない方もいらっしゃるのです。
そこで気になるのが、骨粗しょう症になる可能性が自分にあるかどうかということですね。

 

実は、骨粗しょう症を発症する人にはいくつか共通する五つの傾向があるそうです。
ご自分の生活を振り返ってチェックしてみてくださいね。

 

運動不足

骨を成長させるためには運動による刺激が必要です。
慢性的に運動不足の方は、運動による刺激がないため、丈夫な骨が作りづらくなってしまいます。

 

偏食やダイエット

栄養素が偏った食事や極端なダイエットは体のバランスを崩してしまう原因ですよ。
体のバランスが崩れると、骨に必要なカルシウムが不足したり、カルシウムを吸収するための働きが低下したりしてしまいます。

 

飲酒・喫煙・カフェイン

お酒やたばこ、カフェインの摂りすぎは胃腸の働きを低下させます。
それによりカルシウムを吸収する力が落ち、カルシウム不足を招いてしまいます。

 

塩分の摂りすぎ

塩分の多い食品を摂りすぎると、体内に入ったカルシウムを排出させてしまうそうです。

 

リン酸の摂りすぎ

リン酸は清涼飲料水に多く含まれています。
清涼飲料水を摂りすぎると骨を削る働きをするホルモンが分泌されてしまうそうですよ。
日頃からジュースなどを好んで飲むような方は注意が必要ですね。

 

 



骨サプリメント 骨粗しょう症の基礎 骨粗しょう症の治療 対策〜環境を改善 対策〜食生活改善