続発性骨粗しょう症

丈夫な骨を作るハイパーUMO

「続発性骨粗しょう症」ってなに?

続発性骨粗しょう症

骨粗しょう症には、加齢によるものの他に、「続発性骨粗しょう症」というのがあります。

 

続発性骨粗しょう症というのは、骨粗しょう症になった原因がはっきりしているタイプのものです。
原因としては、次のようなものがあげられます。

 

 

  • 骨からカルシウムを溶かし出す働きを起こしてしまう甲状腺機能亢進症などの内分泌疾患
  • 関節の障害が骨密度を低下させる原因となる関節リウマチ
  • カルシウムの吸収に必要なビタミンDの減少により骨密度が減少していってしまう糖尿病
  • 胃を切除したことによる影響
  • ステロイド剤の長期にわたる服用

 

このように、病気や薬の副作用で、骨の代謝に影響があると考えられています。
これらが原因となって起こる続発性骨粗しょう症は、加齢による骨粗しょう症とは別なものとして考えられています。
そのため、治療方法も少し異なります。

 

加齢が原因となって起こる骨粗しょう症の場合、食生活の改善や生活習慣の改善指導が行われるのがメインですね。
そして、薬を用いた治療が先行するようなことはあまりありません。

 

しかし、続発性骨粗しょう症の場合、病気や薬の影響で、カルシウムの吸収力が著しく低下することがあります。
そのため、それを改善するような薬が積極的に用いられます。
さらに、骨密度を上げる効果のある薬も同時に使用されます。
このように、薬による効率的な治療が、続発性骨粗しょう症の治療の特徴となっています。

 



骨サプリメント 骨粗しょう症の基礎 骨粗しょう症の治療 対策〜環境を改善 対策〜食生活改善