骨粗しょう症 骨折 箇所

丈夫な骨を作るハイパーUMO

注意が必要です!骨粗しょう症で骨折しやすい箇所

骨粗しょう症,骨折,箇所

骨粗しょう症が進行していくと、骨が弱くなり骨折するリスクが高まってきます。
つまずいたり転んだりしたときはもちろんですが、日常的に起こり得る簡単な動作でも骨折してしまうことがあるんですよ。

 

骨粗しょう症では、自覚症状がにぶい箇所ほど骨折することが多いという特徴があります。
また、高齢者の場合は自分の異変に気付きにくいのだそうですよ。
ですから、周りの方が異変を見逃さないようにすることも大切です。
骨折しやすいのは次のような箇所です。
参考になさってくださいね。

 

手首

骨折をしてもそれほど痛みを感じない箇所だといわれています。
腫れあがったり、変形したりすることで初めて異変に気がつくことが多いようです。
転倒しそうになったときにとっさにつくのが手ですから、そういった状況にならないように注意することが大切です。

 

腕のつけ根あたりの骨は、肘や肩をついてしまうことで簡単に折れてしまいます。

 

太ももの付け根

転んでしりもちをつくことで折れやすい箇所です。
この部分が骨折すると歩行に影響が出てきてしまいます。
これが引き金となって寝たきりの状態になることが多いんですよ。
骨粗しょう症で骨折の可能性がある方は特に注意が必要です。

 

背骨・腰骨

背骨や腰骨は骨粗しょう症の影響があらわれやすい場所です。
背骨や腰骨を骨折してしまうと生活面で大きな影響を与えますよね。
骨折しないよう、転倒には気をつけたいものです。

 

怖いのは転倒ばかりではありません。
重いものを持とうとするときにも注意が必要ですよ。
重いものを持とうとするときの瞬間的な力で骨折することがあるのだそうです。
充分に注意したいですね。

 



骨サプリメント 骨粗しょう症の基礎 骨粗しょう症の治療 対策〜環境を改善 対策〜食生活改善